そもそも海外医薬品の定義が分からない方のために。

ゼニカルとオルリファストでダイエットする

海外医薬品と日本製の医薬品の違いとは

日本で販売及び処方中の薬は日本で作っているものか輸入したものを委託で販売しているものになります。確かに販売されているものはどれも日本語のもので日本語が分かればそれが何なのか分かりますね。

判子

実をいうと、日本は厚生労働省による薬の認可が他の先進国と比べて大幅に遅れています。理由としてはきちんと日本人にも作用するか調べるのに時間が掛かるという事と、認可対象がジェネリック医薬品の場合、先発医薬品が売れづらくなるからです。

このことから考えると基本的に医薬品の成分特許と製造法特許が切れるまではジェネリックは製造・販売出来ないというのは先発医薬品が開発するのにかかった費用の回収の為だろう、と解釈することが出来ます。

何故、ジェネリックが出ると先発医薬品が売れづらくなるかというと日本の厚生労働省がジェネリックの使用を経済的な面から推奨しており、後発医薬品であるジェネリックは開発・臨床にそれほどコストが必要ないため、日本人の中では費用が安くなるのであればジェネリックを無条件で選択するという方も多いのではないでしょうか。

ここで海外医薬品という項目に戻ると日本では認可済である薬(さらには海外版)も勿論含まれており、日本ではまだ発売されていない先発医薬品やジェネリックというものも多数存在します。最近では輸入代行サイトも増えて、容易に薬の個人輸入が可能になりました。

手に錠剤を持つ

しかし、薬の知識に関して大半の方が素人であり、通販サイトもさも本物かのようにうたう偽物を扱ったサイトもありますので、ホームページ上に成分証明書が載っていたり、頻繁に更新してあったりするサイトで海外医薬品を買うのが一番良いです。また、日本で買うと高価な薬剤も個人輸入で海外版を逆輸入すれば、為替レートによってはかなり安く購入することが出来ます。

海外医薬品が必ずしも日本人の体に合うとは限りませんが、のんびりとした国内認可の薬を使っていられない!コストを抑えたい!という方は一度海外医薬品を扱うサイトをのぞいてみてはどうでしょうか。